ブランド時計ロレックス腕時計通販

モータースポーツ腕時計


ブランド時計 > モータースポーツ腕時計

腕時計/機能

クロノグラフ | ワールドタイム | ダイバーズ | GMT/デュアルタイム | トリプルカレンダー | アラーム | パワーリザーブ

腕時計/デザイン

レトログラード | ミリタリー | モータースポーツ | パイロット | ムーンフェイズ | ユニーク | ジャンピングアワー


人気の腕時計
ロレックス
オメガ
ブライトリング

腕時計/機能
クロノグラフ
ワールドタイム
ダイバーズ
GMT/デュアルタイム
トリプルカレンダー
アラーム
パワーリザーブ

腕時計/デザイン
レトログラード
ミリタリー
モータースポーツ
パイロット
ムーンフェイズ
ユニーク
ジャンピングアワー



モータースポーツ

クルマが誕生し、人々がスピードに興味を持ったときに、時計はその楽しさを時間という単位で表現。同時期に誕生した腕時計とクルマは競い合うように進化を続ける。サーキットでのレースやラリーなどでの使用を想定した時計。スピードにこだわる競技で用いられるだけに、計測機構を搭載したクロノグラフがメイン。瞬時に計測結果を読みとれる視認性に優れた文字盤も特徴。

スポンサードリンク



モータースポーツ 腕時計を見る・探す


ブライトリング ベントレー モーターズ
超大型のクロノグラフがベントレーとの提携で誕生。ベントレー・モーターズ社とのパートナーシップ凍結を記念し発表。新型ムーブCal.ブライトリング25が搭載され、30秒で1周するクロノ針や平均速度を算出できる可変タキメーターも新たに装備。

ブライトリング/BREITLING
1884年、レオン・ブライトリングがスイス・ジュラ地方のサン・ティミエに時計工房を設立。創業当時よりパイロット用のポケットウオッチやコックピット機器を生産し続けてきたブライトリング社は、1915年に30分積算計を装備した腕時計型クロノグラフ「30分タイマー」を発表。この当時のクロノグラフはすべての操作が「ワンプッシュ式」でしたが、1934年に2つのプッシュボタンを取り付けた「プレミエ」を発表し、クロノグラフを各段に進化させる。1939年、イギリス空軍にコックピットクロックを納入。1942年、回転計算尺付クロノグラフ「クロノマット」が誕生。1952年には、航空用回転計算尺付クロノグラフ「ナビタイマー」を発表。1958年にはスーパーオーシャンシリーズを発表。1962年、アメリカ、スコット・カーペンター海軍少佐が、「コスモノート」を腕にオーロラ7号でマーキュリー計画4回目の宇宙有人飛行を行う。1972年、多種にわたるクロノグラフを送り出し、種類は最多数を誇るが、その当時のクオーツショックの影響はあまりにも大きく、ブライトリングも免れることはできなかった。1975年には,クロノマットにクオーツを採用、翌年にはデジタル表示付のクオーツ・ナビタイマーを発表する。また、ツール・ド・フランスをはじめ、自転車競技の公式時計として採用されるが、これらの努力も報いることなく、クオーツが主流となりつつあった1970年代には、ブライトリング社は存続の危機を迎えましたが、アーネスト・シュナイダー氏が見事に再建。1982年、グレンヘンに現在の「ブライトリング・モントレSA」を創設し、復活させ、2001年には全モデルが、COSC公認クロノメーターとして認められる。

公式サイト
http://www.breitling.co.jp/

ブライトリングの全アイテムを見る・探す



ショパール ミッレミリア クロノグラフ
二ヶ所の時間帯を専用針とベゼル上の目盛りにより表示するGMT機能付き。三時位置には拡大付の日付表示も新たに装備。

ショパール/CHOPARD
1860年、ルイ・ウリッス・ショパールが、ジュネーブ北に広がるジュラ渓谷に創設し、ポケットウォッチとそのムーブメントを作ることから始める。1920年スイス時計の中心地ジュネーブに会社を移転。高精度の高級時計メーカーとして歩む。1963年、創設者の孫ポウル・アンドレ・ショパールは、ドイツ・フォルツハイムのカール・ショイフレ社にショパールを託す。フォルツハイム地方は、ドイツ宝飾産業の中心地であり、1905年に創設されたカール・ショイフレ社は、宝飾工芸技術を生かした宝飾時計の製造も行っていた。スイス時計の伝統的技術とドイツの宝飾工芸技術の融合がここに果たされた。「すべてをひとつの屋根の下で」を理念に時計も宝飾もデザインから完成までほとんどの工程が自社で行われている。

公式サイト
http://www.chopard.com/

ショパールの全アイテムを見る・探す



ロレックス コスモグラフ デイトナ
完全自社製Cal.4130を搭載した名作クロノグラフ。大きめの針を採用し、クロノ針、インダイヤルや文字盤外周の秒目盛りがレッドとなって視認性が向上。外見も鮮やかに



オメガ スピードマスター シューマッハ
世界限定6000本。F1界に君臨するミハエル・シューマッハの2003年年間チャンピオン獲得と、史上最多の通算6回目の年間王者に輝いたことを記念して発表。ムーブにはコラムホイールを装備したCal.3301を搭載。



エベラール タッツィオ・ヌボラーリ
1932年のモナコGPやミッレミリアなどで数々の栄冠に輝いた伝説のイタリア人ドライバー、タッツィオ・ヌボラーリ。彼の生誕100周年を記念して発表された名作クロノ。ベゼルにはマイル単位のタキメータースケールが記される。文字盤は見やすいように縦二つ目仕様にデザイン。

エベラール/EBERHARD
1887年創業。創業者はジョージ・エミール・エベラール。イタリア帝国海軍の将校用時計として採用される。1919年、当時最も先端の技術を要したシングルプッシュボタンのクロノグラフ腕時計を発表。1935年、2プッシュボタンのクロノグラフを開発。1939年、「ラトラパンテ」と呼ばれるスプリットセコンド付きクロノグラフを発表。時計史上初めて、と言われるインダイアルを横4連に並べたクロノグラフ「クロノ4」。スモールセコンド・24時間計・12時間積算計・30分積算計が水平に並び、その技術力とインパクト与えた。創業当時の「超高級・少量生産」を貫くブランド。

公式サイト
http://www.eberhard-co-watches.ch/

エベラールの全アイテムを見る・探す



オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ
特異なデザインと、ステンレスを大胆に使った高級スポーツ腕時計。デザイナーのジェラルド・ジェンタの代表作です。最近ではヒップポップ系のアーティストなどの間で再び人気が高まってきており、斬新な黒ベゼルと、シルバーのコンビが、精悍で戦闘的なモデル。

オーデマ・ピゲ/AUDEMARS PIGUET
最初のトゥールビヨン付手巻腕時計、世界最小の永久カレンダー付自動巻腕時計、デュアルタイム、婦人用ミニッツ・リピーター付腕時計など、世界で最も薄く最も複雑な時計ムーブメントを製作できる時計ブランド。1875年スイスのル・ブラッシュでジュール・ルイ・オーデマとエドワール・オーギュスト・ピゲの二人により創業。ジュネーブの著名時計ブランドからの高級時計ムーブメントの注文に応じるためであった。1881年「オーデマ・ピゲ」として発足する。  創業以来、直径血族により運営される世界唯一のブランドであり、自社一貫生産「マニュファクチュール」という姿勢は今なお受け継がれている。

公式サイト
http://www.audemarspiguet.com/

オーデマ・ピゲの全アイテムを見る・探す



タグホイヤー モンツァ キャリバー36
伝説のクロノグラフをルーツに持つ新世代機。1930年代に製造された伝説のレーシング・クロノグラフをルーツモデルとする新世代機。クッション型のケースに毎時3万6000振動の高精度を誇るCal.36を搭載。モデル名はイタリアのモンツァ・サーキットに由来


タグホイヤー カレラ クロノグラフ
ジャック・ホイヤー名誉会長が1964年に初代カレラを開発してから40周年目の2004年に発表された特別モデル。68年製の初期型モデルをモチーフに、文字盤は赤の秒針を装備した2つ目仕様にデザイン。

タグホイヤー/TAG HEUER
1860年エドワード・ホイヤー社設立。6年後ビエンヌに拠点を置く。エドワード・ホイヤーは後にその名を高めることになるリューズ式巻き上げ機構を開発し、1869年には特許を申請。その後ジュール・エドワードとシャルル・オーギュスト・ホイヤーが父の後を継ぐ。この頃すでに高品質スポーツタイマーとクロノグラフの主要メーカーとしての地位を築いていた。1911年には、最初の自動車ダッシュボード・クロノグラフ、「Time Of Trip」を発表し、1916年には1/100秒の計測が可能な世界初のストップウォッチ、「Micrograph」を開発。この発明は高精度時計の幕開けとなり、1960年までにこの機能を備えたストップウォッチが量産される。また、これがきっかけとなり、以降数々のオリンピック公式時計を担当する。モータースポーツも含む陸上競技からマリンスポーツに至るまで、タグホイヤーはあらゆる分野において絶え間ない革新を続け、数々の歴史を作りつづけている。

公式サイト
http://www.tagheuer.com/

タグホイヤーの全アイテムを見る・探す



スポンサードリンク




(C)copyright ブランド時計ロレックス腕時計通販 all right reserved