ブランド時計ロレックス腕時計通販

パイロット腕時計


ブランド時計 > パイロット腕時計

腕時計/機能

クロノグラフ | ワールドタイム | ダイバーズ | GMT/デュアルタイム | トリプルカレンダー | アラーム | パワーリザーブ

腕時計/デザイン

レトログラード | ミリタリー | モータースポーツ | パイロット | ムーンフェイズ | ユニーク | ジャンピングアワー


人気の腕時計
ロレックス
オメガ
ブライトリング

腕時計/機能
クロノグラフ
ワールドタイム
ダイバーズ
GMT/デュアルタイム
トリプルカレンダー
アラーム
パワーリザーブ

腕時計/デザイン
レトログラード
ミリタリー
モータースポーツ
パイロット
ムーンフェイズ
ユニーク
ジャンピングアワー


パイロット

プロパイロットが実際に使いやすいよう、さまざまな工夫を凝らしたパイロットウオッチ。レシプロ機の時代に誕生した時計のカテゴリーで現在でもパイロットが機体トラブル時に最後の保険として頼る、腕に着ける計器でもある。航空用回転計算尺は、ほんの十数年前までジェット旅客機にも装備されていた機器で、掛け算や割り算、通貨換算などの算出が即座にできるため、使いこなせれば現代の日常生活でも大いに役立ってくれる。

スポンサードリンク



パイロット 腕時計を見る・探す@
パイロット 腕時計を見る・探すA


ブライトリング ナビタイマー@
ブライトリング ナビタイマーA
フライトプラン作成用の計算尺装備のパイオニア。1952年のシリーズ誕生以来、燃費などのフライトプラン作成に必要な計算が行えるほか日常生活にも幅広く応用できる回転計算尺をベゼルに装備。計器みたいな作りで飛行機好きにはたまらない一品


ブライトリング クロノマット・エボリューション@
ブライトリング クロノマット・エボリューションA
イタリア空軍のアクロバット・チーム、フレッチェ・トリコローリと共同開発されたクロノマット。ネジ込みロック式プッシュボタンの採用で300m防水となり、ケースの大型化などで視認性も向上。

ブライトリング/BREITLING
1884年、レオン・ブライトリングがスイス・ジュラ地方のサン・ティミエに時計工房を設立。創業当時よりパイロット用のポケットウオッチやコックピット機器を生産し続けてきたブライトリング社は、1915年に30分積算計を装備した腕時計型クロノグラフ「30分タイマー」を発表。この当時のクロノグラフはすべての操作が「ワンプッシュ式」でしたが、1934年に2つのプッシュボタンを取り付けた「プレミエ」を発表し、クロノグラフを各段に進化させる。1939年、イギリス空軍にコックピットクロックを納入。1942年、回転計算尺付クロノグラフ「クロノマット」が誕生。1952年には、航空用回転計算尺付クロノグラフ「ナビタイマー」を発表。1958年にはスーパーオーシャンシリーズを発表。1962年、アメリカ、スコット・カーペンター海軍少佐が、「コスモノート」を腕にオーロラ7号でマーキュリー計画4回目の宇宙有人飛行を行う。1972年、多種にわたるクロノグラフを送り出し、種類は最多数を誇るが、その当時のクオーツショックの影響はあまりにも大きく、ブライトリングも免れることはできなかった。1975年には,クロノマットにクオーツを採用、翌年にはデジタル表示付のクオーツ・ナビタイマーを発表する。また、ツール・ド・フランスをはじめ、自転車競技の公式時計として採用されるが、これらの努力も報いることなく、クオーツが主流となりつつあった1970年代には、ブライトリング社は存続の危機を迎えましたが、アーネスト・シュナイダー氏が見事に再建。1982年、グレンヘンに現在の「ブライトリング・モントレSA」を創設し、復活させ、2001年には全モデルが、COSC公認クロノメーターとして認められる。

公式サイト
http://www.breitling.co.jp/



ジン/SINN 156
ドイツ連邦空軍指定の規格を見事にパスした航空時計の名作。文字盤中央には『飛行機針』と呼ばれる60分積算針を装備。搭載するレマニア製Cal5100が製造中止になったため、同モデルも姿を消すことに。

ジン/SINN
戦闘機パイロットが生んだ全ラインプロフェッショナルユースの時計メーカー。創設者ヘルムート・ジンは、第二次世界大戦時ドイツ軍戦闘機パイロットとして延べ2万時間以上の飛行をする。豊富な実践経験をもとに時計作りを始める。そして、1959年、初めてパイロット・クロノグラフを発表し、ドイツに「ジン特殊時計会社」を創設する。ジンが製作する時計は、特殊部隊専用時計など、全ラインプロフェッショナルユースとなっている。1995年、創業者ヘルムート・ジンにかわり、IWC社においてエンジニアを務めるなどの功績を持つローター・シュミットが責任者として就任。「本当の時計のあり方は、使う為の形を考えた時計以外にあり得ない」という創業以来の哲学に磨きをかけ、様々な分野の最新テクノロジーをを導入していく。時計のケース内にシリコンオイルを入れ視認性を確保し、5000メートルもの防水性を実現した「ハイドロ」という機構を開発し、また「ドライカプセル」や「アルゴンガス」などといった機構も採用する。

公式サイト
http://www.sinn.de/

ジン/SINNの全アイテムを見る



ロレックス GMTマスターU
パンアメリカン航空のパイロット用に開発され、1960年より市販されたGMTマスターTの後継機。24時間針、24時間表示付きの回転ベゼル、単独可動の時針を組み合わせて3ヶ所以上の時間帯を表示することが可能となっている。



IWC マーク XV
1930年代にイギリス空軍などに制式採用された航空時計の最新後継機として有名な存在。一切の装飾を排除したシンプルな漆黒の文字盤は精悍な印象で、耐磁性、耐水性ともタフ仕様に応えるには十分なスペックを備える。


IWC マーク ビッグ・パイロット・ウォッチ
ケースの直径46o、リューズの直径10.2oとすべてに大型サイズ。ムーブメントには自社で開発した七日間というロングパワーリザーブ、巻き上げ効率に優れたぺラトン式自動巻き機構を採用したCal.5011が搭載される。

IWC/インターナショナル・ウォッチ・カンパニー
第2次世界大戦中、パイロットウォッチとしてアメリカ軍兵士に愛され、イギリス軍やドイツ軍でも正式採用され今日に至る。かつてはイギリス軍へ正式支給された時計にのみ入れられることが許されたブロードアローが12時位置に配されている。耐磁性の高いフリーガーシリーズ、GSTパーペチュアルカレンダー、7日間パワーリザーブのポルトギーゼなど、堅牢性高い実用時計から複雑時計までカバーする名門時計ブランド。

公式サイト
http://www.iwc.ch/

IWCの全アイテムを見る・探す



セイコー プロスペックス フライトマスター@
セイコー プロスペックス フライトマスターA
スーパーブラック塗装の文字盤と無反射コーティングのガラスにより高い視認性を確保。ブライトチタン製のケースとブレスは軽量かつ堅牢。信頼性の高いピラーホイールをムーブメントに採用し、ボタンの操作も安定している。

セイコー/SEIKO
フラッグシップライン「グランドセイコー」を擁す、日本が誇る世界屈指の時計メーカー。
1881年、服部金太郎により、服部時計店創業。1892年、精工舎を設立し、掛時計を製造する。1913年には国産初の腕時計ローレルを発売。1924年から時計類の名称としてSEIKOの使用開始。1964年、セイコーは東京オリンピックの公式時計を担当。そして1969年、ついに世界初のクオーツ腕時計を発売。当時の機械式腕時計が月差±1分という時代に、月差±3秒という驚異的な精度を実現。安価かつ高精度であるクォーツ時計を商品化したことにより、時計国際市場の多くを掌握。それは、世界の老舗時計メーカーに深刻な経営危機をもたらすほどのものだった。その後、数々のオリンピックで公式時計担当。社名も幾度か変更され、現在に至る。

公式サイト
http://www.seiko.co.jp/

グランドセイコーの全アイテムを見る・探す



ハンハルト レプリカ
1939年にドイツ空軍により制式採用された2つ目クロノグラフ。誤動作防止のために2個のプッシュボタンはリューズを挟んで非対称の位置にレイアウトされている。ベゼルには当時よく見られたホグネイル仕上げが施される。

ハンハルト/HANHART
1882年創設者、ウィルヘルム・ユリウス・ハンハルトにより、スイスで懐中時計メーカーとして創業。1924年に機械式ストップウォッチの生産を開始。そして、1938年には腕時計の生産へと飛躍的に躍進。ドイツ海軍から「操作性と視認性の高いクロノグラフウォッチ」の製作を依頼され製作したのが、ハンハルト社のフラッグシップモデル「プリムス」。第二次世界大戦により、ハンハルト社の腕時計生産は中止。1948年に腕時計の生産を開始。「レプリカ」をフランス空軍とドイツ空軍が採用、「タキテレ」もドイツ海軍に正式採用。1962年ハンハルト社は再び腕時計の生産中止。1997年、ドイツ南西部の山林地帯グーテンバッハに経営と生産を統一化、腕時計の生産を再開。このとき、復刻モデルとして「レプリカ」と「タキテレ」を生産。2001年バーゼルフェアにてワンプッシュ式のパイロットクロノグラフ「プリムス」の復刻モデルを発表。ストップウォッチは1924年以降も生産し続け、ヨーロッパ、アメリカなどで高いシェアを誇り、ストップウォッチメーカーとしては世界トップクラスにまで成長。

公式サイト
http://www.hanhart.de/

ハンハルトの全アイテムを見る・探す



ブレゲ アエロナバル@
ブレゲ アエロナバルA
1954年にフランス海軍省の要請で開発された、リスターティング・フライバック機能搭載のタイプXXの第3世代モデル。デイト機能を追加装備した第4世代モデルトランスアトランティックとともに高い人気。

ブレゲ/BREGUET
機械式時計の歴史の中で、燦然と輝くその名・・「アブラアン・ルイ・ブレゲ」。「時計の進化を200年早めた男」など、長きに渡る時計の歴史の中の数ある時計師の中でも至上の賛辞を送られる天才時計師。彼なくして、現代の機械式時計はありえないと言っても過言ではない。現在においても彼の発明した機械式時計の機構が基本となっている。1747年、スイス ジュウ渓谷ヌーシャテルにアブラアン・ルイ・ブレゲは生まれる。15歳の時、時計師であった養父の紹介でフランスのベルサイユに修行に出る。そして 1775年、パリのシテ島に時計店を開く。国王ルイ16世の宮廷に出入りを許されるようになると、各国の宮廷、上流階級の顧客を得る。開店から5年、1780年にはペルレの自動巻き機構を改良した懐中時計「ペルペチュアル」が好評となり、王侯貴族からの注文が殺到。フランス王妃マリー・アントワネットは、当時の時計において最も複雑な時計の製作を依頼。だが、完成は先の話となる・・。1789年、フランス革命により王侯貴族の時代が終わり、ブルジョワ市民階級の時代が訪れると、市民からの弾圧を避けるべく、故郷スイスに戻ることとなる。スイスでは、新機構開発に情熱を注ぐ。フランスの状況が好転するとパリに戻り、次々にアイデアを具現化していく。「トゥールビヨン」、「永久カレンダー」、「スプリットセコンド・クロノグラフ」など複雑時計を発表していく。また、「衝撃吸収装置」、「ブレゲひげゼンマイ」「ギョーシェ文字盤」、「ブレゲ針」、「ブレゲ数字」など、次々に開発していく。ブレゲが開発した時計の中でも、同席者に気づかれず時刻がわかる時計「モントル・ア・タクト」は、ブルジョワ階級で人気を博す。当時の顧客名簿には、フランス王家、ナポレオン・ボナパルト、ジョージ・ワシントンや各国の王侯貴族が名を連ねた。1802年、マリー・アントワネットが、かつて注文した超複雑時計「No.160 マリー・アントワネット」が完成。マリー・アントワネットが処刑(1973年)されてから、約20年後のことである。1815年、2個のゼンマイを用いたトルク減衰のないマリンクロノメーターを開発、フランスの王立海軍時計師に認定される。 1823年、ブレゲ死去。ブレゲが培ってきた技術は弟子達に受け継がれていく。1870年、経営権がブラウン家へと移る。1970年代のクオーツショックにより経営に影響を受けるが、ショーメに経営権を移し、その後復興を果たす。現在は、スウォッチ・グループに籍を置く。

公式サイト
http://www.breguet.com/welcome.php

ブレゲの全アイテムを見る・探す



スポンサードリンク



(C)copyright ブランド時計ロレックス腕時計通販 all right reserved