ブランド時計ロレックス腕時計通販

ユニーク腕時計


ブランド時計 > ユニーク腕時計

腕時計/機能

クロノグラフ | ワールドタイム | ダイバーズ | GMT/デュアルタイム | トリプルカレンダー | アラーム | パワーリザーブ

腕時計/デザイン

レトログラード | ミリタリー | モータースポーツ | パイロット | ムーンフェイズ | ユニーク | ジャンピングアワー


人気の腕時計
ロレックス
オメガ
ブライトリング

腕時計/機能
クロノグラフ
ワールドタイム
ダイバーズ
GMT/デュアルタイム
トリプルカレンダー
アラーム
パワーリザーブ

腕時計/デザイン
レトログラード
ミリタリー
モータースポーツ
パイロット
ムーンフェイズ
ユニーク
ジャンピングアワー



ユニーク

個性的な発想の時計のカテゴリー。奇抜なケースデザインが多いが、見た目は普通だがあっと驚くしかけの時計もある。他人とは違うものが持ちたい人へ

スポンサードリンク



ユニーク 腕時計を見る・探す@
ユニーク 腕時計を見る・探すA


ロジェ・デュブイ フォローミー@
ロジェ デュブイ フォローミーA
奇抜性の追求で終わらない独創性豊かなデザイン。独創性豊かなデザインのレディスモデル。十字架をモチーフにした変型ケースには多数のダイヤモンドがはめ込まれる。そのデザインは宝飾時計として完成の域にあり、奇抜性を追求しただけに終わっていない。

ロジェ・デュブイ/ROGER DUBUIS
全機械式ムーブメントに「ジュネーブシールを刻印するマニュファクチュール時計。愛好家が好むデザイン、機構を持つ、ロジェ・デュブイの時計は、全てがコレクターズピースで限定生産される。1980年から工房を開き、古い時計の修理や顧客、時計会社の為に、複雑時計の機構開発、製作業務を行っていたロジェ・デュブイは、1995年、経営などにおけるパートナーであるカルロス・ディアスと共に自らの名を冠した「マニュファクチュール・ロジェ・デュブイ SA」を設立。高級時計を自社一貫生産するマニュファクチュールとして展開。「伝統に立脚した芸術的な時計製作」を理念とし、ジュネーブに伝わる伝統的製作技法に則って時計を製作、ジュネーブ州認定の「ジュネーブ・シール」を、全ての機械式ムーブメントに刻印している。そして、一部の時計には、スイス国境に程近いフランス、ブザンソンにある国立天文台が発行した精度証明証が付属する。

公式サイト
http://www.rogerdubuis.com/

ロジェ・デュブイの全アイテムを見る・探す@
ロジェ デュブイの全アイテムを見る・探すA



フランクミュラー クレイジーアワーズ@
フランクミュラー クレイジーアワーズA
バラバラに配置されたインデックスを時針が一時間ごとに跳び回って時間を表示する。時計の既成概念を覆す傑作。高度なジャンピングアワー機構を搭載



ベダ&カンパニー No1@
ベダ&カンパニー No1A
アールデコ様式を意識してデザインされたケースは左右が大きく窪んだ珍しい逆トノー型ケース内に収められた大型リューズは『インコーポレイテッドクラウン』と呼ばれる


ベダ&カンパニー No8@
ベダ&カンパニー No8A
レトロな雰囲気が漂うクッションウオッチ。やわらかいラインを描くクッションケースに、編みこまれたクロコダイル革ベルトという組み合わせがレトロな雰囲気を漂わせる。3時位置には視認性を考慮し2ウインドウ式のビックデイト表示を装備。

ベダ&カンパニー/BEDAT&C°
数々の時計ブランドでのキャリアを誇るシモーヌ・ベダとその息子クリスチャン・ベダにより1996年に創立。あえて家族の姓をブランド名に使用することにより、失敗の許されない環境に自らを投じ、高い品質への執着と、サービスや価格設定の真実性を誓ってきました。また、同社の純度検証刻印であるマークも2つの重ね合わされたB(Bedat=ベダ)からとったもので、砂時計をかたどって時の経過を表すと同時に、無限大のシンボルでもあります。誕生からわずか2年後にニューヨークで大きな成功を収める。 気品がありながらも個性を強く感じさせるデザインクォリティーは、米ファッション・エディターから認められ「マスト・ハブ(持つべきブランド)」と言う高い評価を獲得。日本に上陸したのは2001年。卓越したデザインは瞬く間に人気を不動のものとし、今もまだ成長し続けている。 時計見本市バーゼルフェアでも、世界中のバイヤーや取材陣から熱い視線を注がれたベダ&カンパニー。中でも、人気のNo.3シリーズは各界の著名人も思わず「欲しいっ!」の一言。

公式サイト
http://www.bedat.com/

ベダ&カンパニーの全アイテムを見る@
ベダ&カンパニーの全アイテムを見るA



MOVADO ミュージアム
1961年以来続いている、太陽を象徴する12時位置のドット以外に文字も装飾もないデザインは時計デザインの傑作のひとつ。

モバード/MOVADO
1881年、時計職人でもあったアシール・ディーティシャイムは、弱冠19歳にして、モバードの前身である時計製造会社アシール・ディーティシャイムを創業。高精度の時計開発に注力する。当時、スイス・ラショー・ド・フォンに建てられた工場で、6名ほどの職人により、ムーブメントまで一貫製造していた。1889年には、スイス公定検定局発行の精度基準証明書を30枚も取得、名門メーカーへの歴史を歩み始めた。1905年、「モバード」に社名を変更。エスペラント語で「たゆまぬ前進」を意味し、モバード社の決意と信念の意が込められた。1912年、今日、アンティークウォッチの中でも高い人気を誇る、モバードの傑作「ポプリラン」を発表。腕にフィットさせるための湾曲してケース形状の為、湾曲したムーブメントを開発、搭載。1926年、それまでの懐中時計とは、一線を画すデザインを持つ「エルメト」を発表。後に、ケース開閉動作によりゼンマイを巻き上げる機構のモデルも開発された。1961年、ネイサン・ジョージ・ホーウィットが手掛けた、バウハウス芸術の最も象徴的な作品といわれる、モダン・アートの傑作「ミュージアム・ウォッチ」を発表。モバードは、その歴史の中で、機構的、デザイン的に斬新な時計を世に送り出してきた。また、ゼニスの自動巻きクロノグラフキャリバー「エルプリメロ(3019PHC)」を共同開発したことでも知られる。

公式サイト
http://www.movado.com/

MOVADOの全アイテムを見る・探す@
MOVADOの全アイテムを見る・探すA



ダンヒル エキセントリック@
ダンヒル エキセントリックA
文字盤はオフセンターに配されているが、リューズの巻き真部分に3ギアボックスと呼ばれる画期的な機構を採用することで、リューズをケースサイドの中央にそのままレイアウトとすることを可能にした。

ダンヒル/DUNHILL
1880年馬具専門製造卸売業として創業。1893年、21歳にしてアルフレッド・ダンヒルが継承。衣類や小物の製造に乗り出す。「ダンヒル・モートリティーズ」の名で皮革製品、ゴーグル、ラゲージ、ヘッドライトなどの自動車関連製品を提供し始め、愛好家を魅了する。そして、時計は、1906年車の計器盤に備える「ダッシュボード・クロック」の製造から始まることとなる。1907年ロンドンのジャーミン通りとデューク通りの角に煙草専門店を開店、1921年王室御用達となる。顧客には、歴史に名を刻む著名人が名を連ねていた。

公式サイト
http://www.dunhill.com/

ダンヒルの全アイテムを見る・探す@
ダンヒルの全アイテムを見る・探すA




スポンサードリンク



(C)copyright ブランド時計ロレックス腕時計通販 all right reserved