ブランド時計ロレックス腕時計通販

パワーリザーブ腕時計


ブランド時計 > パワーリザーブ腕時計

腕時計/デザイン

レトログラード | ミリタリー | モータースポーツ | パイロット | ムーンフェイズ | ユニーク | ジャンピングアワー

腕時計/機能

クロノグラフ | ワールドタイム | ダイバーズ | GMT/デュアルタイム | トリプルカレンダー | アラーム | パワーリザーブ

楽天市場

人気の腕時計
ロレックス
オメガ
ブライトリング

腕時計/機能
クロノグラフ
ワールドタイム
ダイバーズ
GMT/デュアルタイム
トリプルカレンダー
アラーム
パワーリザーブ

腕時計/デザイン
レトログラード
ミリタリー
モータースポーツ
パイロット
ムーンフェイズ
ユニーク
ジャンピングアワー



パワーリザーブ

ゼンマイの巻き上げ残量がひと目でわかる。巻き上げたゼンマイが針を動かせる残り持続時間を表示する機能が加わった時計。本来は手巻きの時計に、巻き上げを忘れないように備わっていたが、現在では自動巻きにも多い。複数の時計を不定期に腕に巻く場合にはありがたい機構。


スポンサードリンク



パワーリザーブ 腕時計を見る・探す


ジャガールクルト レベルソ・グランド・デイト
同社独自の大型角型反転式ケースの表側の文字盤にビックデイト表示とパワーリザーブ表示を装備。ムーブメントに自社製のCal.875を採用することで八日間という長時間のパワーリザーブも実現されている。


ジャガールクルト マスター・リザーブ・ド・マルシェ
ゼンマイ巻上げ残量がひと目でわかる10時位置のパワーリザーブ表示と2時位置の日付表示がバランスよく配された文字デザインは秀逸。1000時間にも及ぶ品質検査をしている。

ジャガー・ルクルト/JAGER-LE CULTRE
伝説的反転式腕時計「レベルソ」を顔とし、数百もの特許登録を誇る屈指のマニュファクチュール。その歴史は、ルクルトがエドモンド・ジャガーと合併する1917年以前にまで遡る。天才的時計師として時計の歴史に名を残すブレゲの下で修行を積んだ時計職人のエドモンド・ジャガーは、工房を開きポケットウォッチを製作していた。そして、1907年カルティエとの独占契約を結び、カルティエの腕時計作りを支えることとなる。15年にわたりつくった時計をすべてカルティエに納入していた。 ルクルトの歴史は、さらに遡る1833年から。スイス ジュラ山脈、ル・サンティエの町で時計製作を始める。1847年アントワーヌ・ルクルトが、巻上げ、時刻調整の切り替えができる機構を発明。また、1903年世界で最も薄いとされる厚さ1.38mmのポケットウォッチ用ムーブメントを発表する。 そして、合併以降も数々の革新的時計を世に送りだす。1928年空気をエネルギーにする時計、アトモスを設計。1929年部品98、重さ約1gの世界最小の機械ムーブメント、キャリバー101を発表。1931年ポロ競技中の衝撃にも耐えれるようにという要望に応えて設計された反転式腕時計、レベルソを発表。1953年初のリューズなし自動巻時計、フーチャーマティックの製造。1956年初のアラーム機能付き自動巻時計、ジャガー・ルクルトメモボックスの発表。1993年角型ムーブメントにトゥールビヨン機構を組み込んだレベルソ・トゥールビヨンを発表。

公式サイト
http://www.jaeger-lecoultre.com/

ジャガールクルトの全アイテムを見る・探す



IWC ポルトギーゼ オートマティック
七日間というロングパワーリザーブを誇るCal.5000を搭載した同名モデルの進化版。ムーブメントには改良型Cal.50010を採用、ガラス素材もプレキシからサファイヤに変更された。巻き上げ持続時間は3時位置のインダイヤルで表示する。

IWC/インターナショナル・ウォッチ・カンパニー
航空時計の名作マークシリーズ、耐磁性の高いフリーガーシリーズ、GSTパーペチュアルカレンダー、7日間パワーリザーブのポルトギーゼなど、堅牢性高い実用時計から複雑時計までカバーする名門時計ブランド。スイスの手作業による時計技術とアメリカの製造技術の融合、それがIWCの出発点。1868年アメリカ人であるフローレンス・アリオスト・ジョーンズがアイデアを実現すべく、ドイツ国境に接するスイス・シャフハウゼンにわたる。ライン川の水力を利用した大規模な発電所が存在するその地は、時計工作機械を使用し効率的に完成度の高い時計を生産するのに適していた。航空時代幕開けの頃、パイロットの多くがIWC製のポケットウォッチを使用する。そのポケットウォッチは航空時計としては、必ずしも実用的とは言いがたかった。そしてIWCは航空時計として過酷な条件に耐えうる時計の製作に着手し、様々な耐性を実現。航空時計として確たる地位を築き上げていった。その技術の多くは現在に至るまでその有効性が認め続けられている。

公式サイト
http://www.iwc.ch/

IWCの全アイテムを見る・探す



グランドセイコー スプリングドライブ 自動巻き
セイコーが独自に開発した、自動巻き仕様のスプリングドライブ・ムーブメントを主力シリーズのグランドセイコーに初搭載。7時上にはゼンマイの巻上げ時間用のインジケーターが装備。


セイコー クレドール スプリングドライブ
ゼンマイを動力源としながら、その駆動は水晶振動子で制御するセイコー独自のムーブメント、スプリングドライブを搭載。シンプルで見やすいデザインのパワーリザーブ表示は10時位置に配置されている。

セイコー/SEIKO
フラッグシップライン「グランドセイコー」を擁す、日本が誇る世界屈指の時計メーカー。
1881年、服部金太郎により、服部時計店創業。1892年、精工舎を設立し、掛時計を製造する。1913年には国産初の腕時計ローレルを発売。1924年から時計類の名称としてSEIKOの使用開始。1964年、セイコーは東京オリンピックの公式時計を担当。そして1969年、ついに世界初のクオーツ腕時計を発売。当時の機械式腕時計が月差±1分という時代に、月差±3秒という驚異的な精度を実現。安価かつ高精度であるクォーツ時計を商品化したことにより、時計国際市場の多くを掌握。それは、世界の老舗時計メーカーに深刻な経営危機をもたらすほどのものだった。その後、数々のオリンピックで公式時計担当。社名も幾度か変更され、現在に至る。

公式サイト
http://www.seiko.co.jp/

グランドセイコーの全アイテムを見る・探す



オリエント オリエントスター・ロイヤル
フル巻上げ状態で50時間以上のパワーリザーブを有する同社の代表シリーズ。12時位置に配されたインジケーターが巻き上げ残り時間を示す。現代的なスポーティラインと趣のあるクラシックラインの2つのタイプを用意。

オリエント/ORIENT
日本国内屈指の時計メーカー。時計愛好家からも支持されるブランド。著名ブランドとの提携による時計も数多く手掛ける。 1901年吉田庄五郎が上野にオリエントの前身である吉田時計店を開く。1950年腕時計製造メーカーとしてオリエントを設立。

公式サイト
http://www.orient-watch.com/

オリエントの全アイテムを見る・探す
オリエントのアイテムをセブンドリームで見る・探すicon



パネライ パワーリザーブ
44mm径の大型ケースに、同社独自のデザインが施されたチタン&SS製のコマで構成されるブレスをセッティング。文字盤の4時半位置にゼンマイの巻上げ残量を示す表示、3時位置に拡大レンズ付きの日付表示を装備。

パネライ/PANERAI
パネライはイタリア海軍のための時計メーカーとして1860年にスタート。歴史上初めて「軍事用」のダイバーズウォッチを作ったのはパネライだといわれ、精密さ、耐久性、そして視認性などいかなる条件のもとでも耐える最高レベルの機能性を実現。水中での視認性の高い文字盤や、パネライの特許となる耐久性・防水性の高いレバー・ロック機構のついたリューズプロテクターなどの高機能なモデルを多く製造しています。しかし一般向けに販売を開始したのは1997年で、それまではまさに門外不出のものでした。1993年以降にイタリア海軍の軍事費削減にともなって苦境に陥ったパネライは2種類の限定腕時計を一般向けに発売。1997年本格的に一般向けへの販売が開始。

公式サイト
http://www.panerai.com/

パネライの全アイテムを見る・探す




スポンサードリンク



(C)copyright ブランド時計ロレックス腕時計通販 all right reserved