ブランド時計ロレックス腕時計通販

A-Z行のブランド腕時計一覧

ブランド時計 > A-Zのブランド時計

他のブランド腕時計
あ行 | か行 | さ行 | た行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | A-Z | 全てのブランドを表示 | 英字で表示




スポンサードリンク

A-Z

ECW
GSX
FHB
hmt
IWC
NHC
NOMOS
N.B.YAEGER
OHM by Freelook
ODM
RXW
TCM
XEN


● 腕時計
IWC/インターナショナル・ウォッチ・カンパニー
第2次世界大戦中、パイロットウォッチとしてアメリカ軍兵士に愛され、イギリス軍やドイツ軍でも正式採用され今日に至る。かつてはイギリス軍へ正式支給された時計にのみ入れられることが許されたブロードアローが12時位置に配されている。耐磁性の高いフリーガーシリーズ、GSTパーペチュアルカレンダー、7日間パワーリザーブのポルトギーゼなど、堅牢性高い実用時計から複雑時計までカバーする名門時計ブランド。

1868年、アメリカボストン出身の時計職人フローレンスアリオストジョーンズと時計職人であり、実業家の顔を持つヨハンハイリッヒ・モーザーともに、スイス北東部のシャフハウゼンに創業。スイスの時計業界に、オートメーションを取り入れようと試みたが、伝統のあるスイス時計産業界には、理解を得られなかった。1870年に、二人は、モーザーが建設したライン川の水力発電所近郊に位置するライン湖畔のシャフハウゼンに時計製造工場を開設。この時代は、多くの時計メーカーがスイス西部に工房を構えていたが、北東部をあえて選んだ。この地域にライン河の水力を利用した大規模発電施設の建設が進められていたからである。この地に、時計技術養成学校を開校するなど、すべてを1から整備。そしてこの環境から、独自性が生まれる。IWCの躍進は、20世紀半ばからのことでフライトに要求される制度や耐久性を備えたパイロットウオッチはアメリカやドイツ、イギリスなどで軍用時計として採用された。質実剛健に映るのは、ドイツに近いという立地条件やアメリカ式のオートメーションを取り入れたことが理由ではなく、信頼性視認性、耐久性、耐磁性を満たした時計を作り続けることによるものである。

ブランド腕時計
あ行 | か行 | さ行 | た行 |
は行 | ま行 | や行 | ら行 |
A-Z | 全ブランドを表示 |
英字で表示

A-Zのブランド時計
(C)copyright ブランド時計ロレックス腕時計通販 all right reserved